live
pro

2019/6/30Sun

e田橋 crazys ライブ! in 大分

スペシャルゲスト/パーカッション・橋本容昌(大分出身)

[ 時間 ]

OPEN :14:30

START:15:00

[ 料金 ]

前売り:3,500円

当日 :4,000円

学生割引:前売り:1,500円 当日:2,000円 (大学生以下/要学生証提示)

※1ドリンク付

[ 出演 ]

桝川 千明 (マンドリン・マンドラ)
児嶋 絢子 (マンドリン・マンドラ)
槐 智明 (ギター)
清水 彰 (マンドセロ)
宮武 省吾 (マンドリン・マンドラ)
葛城 梢 (マンドリン・マンドラ)
北原 有紀 (ギター)
エンジェル嶋田 (マンドローネ)

Special Guest/
橋本 容昌 (パーカッション)


e田橋 crazys
(イーダバシ・クレイジーズ)

2013年、“観て聴いて楽しんで頂く”事をモットーに結成した新感覚のバンドである。
アンドウマユコ氏、好島王紫氏、三宅洋氏、葛城梢氏によるオリジナルの作品がメインとなる。
個性的でお洒落、シリアスかつユーモラス、愉快痛快、
独特な世界観を持つこのバンドを体験しにいらしてください!

 


e田橋 crazys ライブ! in 大分
遂に!九州に初上陸します!!
大分出身の橋本容昌(パーカッション)がスペシャルゲスト!!

 

<チケット>
ブリックブロック
店頭・電話・HPからご予約承ります。

 

<ご予約の際のお願い>
【ホームページからご予約の場合】
「一般」か「学生」かを備考欄に記載してください。
複数枚で両方必要な場合は「一般00枚」「学生00枚」と記載してください。

 

【店頭・電話でのご予約の場合】
「一般00枚」「学生00枚」とお伝えください。

 

※学生:大学生以下・当日受付にて学生証を提示してください。

 

<お問合せ>
オンデュレプランニング
090-5922-6037 (ぶんどう)

 

桝川 千明(ますかわ ちあき)
群馬県太田市出身。
2002年第18回日本マンドリン独奏コンクール第1位。マンドリン独奏を竹内郁子氏に師事。
2008年ドイツで開催された桑原康雄マンドリン独奏コンクールではセミファイナルに出場。
ソロコンサートや室内楽コンサートを始め、瀬戸内撥弦楽器フェスティバル、神戸国際音楽祭、
大阪国際マンドリンフェスティバル、前橋の朔太郎音楽祭など全国各地の音楽祭にソリストとして参加、
管弦楽団のエキストラとして参加するなど、幅広く演奏活動を行っている。
イケガク、イグチミュージックスクールにてマンドリン講師をつとめ後進の育成にあたっている。
自宅にて桝川マンドリン教室を主宰。

 

児嶋 絢子(こじま・あやこ)
東京都出身。
フェリス女学院大学卒業。トキワ松学園マンドリン・ギター部、慶応義塾大学マンドリン部、
東京マンドリン宮田楽団を経て、2006年、渡独。
ハンブルク音楽院を経て、2013年ドイツ国立ハンブルク音楽演劇大学マンドリン科首席卒業。
2008年から2012年、バイオリニスト、Yehudi Menuhinによる奨学制度、
Live Music Nowの奨学生として北ドイツ各地にて演奏活動を行う。
2010年、第22回日本マンドリン独奏コンクール次位入賞。
2011年、第2回全国マンドリン独奏コンクール優勝。
2012年、ラファエレ・カラーチェ マンドリン独奏コンクール3位入賞(イタリア)。
2010年から2012年までベルリン州立音楽学校にてマンドリン科講師を歴任。
日本をはじめドイツ、フランス等で数多くの演奏会や音楽祭に出演。
日独間の交流(マスタークラスや音楽祭など)にも精力的に活動を行う。
ギターの槐智明と≪Duo Alster≫を結成。
2013年洗足学園音楽大学60周年記念コンサートにクラシックギター科原善伸教授と共演を果たし好評を博す。
2013年より、嶋田ミュージック、イグチミュージックスクール、東急BEカルチャースクール、ヨークカルチャースクール。
こじまあやこマンドリン教室主宰。
Steffen Trekel、越智敬、片岡道子、宮田蝶子、桝川千明の各氏に師事。

 

槐 智明(さいかち・ともあき)
ギターを大島康雄、原善伸、Nashir Nangialai、Klaus Hempel、Olaf van Gonnissen各氏に師事。
2006年洗足学園音楽大学クラシックギター科卒業後ドイツに渡り、リューデンシャイト音楽学校にて学ぶ。
チューリンゲン音楽祭、ユニセフチャリティーコンサートなど、多くの音楽祭に招待され
ドイツ、フランスで70公演以上のコンサートを行うと共に、
ノルダーシュテット市立音楽学校等にて特別講師としての経験も積む。
2011年ドイツ国立ハンブルク音楽演劇大学大学院クラシックギター科首席卒業。
マンドリニスト児嶋絢子と『Duo Alster』を結成。
嶋田ミュージック講師。井桁ギターサロン講師。さいかちギター教室主宰。

 

清水 彰(しみず・あきら)
東京農業大学で大根踊りの傍ら、マンドロンチェロを始める。
卒業後も演奏活動を続け、全国各地・海外など様々な場所で演奏。
マンドロンチェロを片岡道子に師事。

 

宮武 省吾(みやたけ・しょうご)
初めギター後に高松第一高校にてマンドリンを始める。
1980年より川口雅行氏に師事。
1983年渡欧。ドイツ、ケルン音楽大学にてマルガ ヴィルデン=ヒュスゲン女氏(後に教授)に師事。
在学中よりコンサート活動を行う。1992年帰国。
高松、東京を中心にコンサート活動を行う。
1994年より瀬戸内撥弦楽器フェスティヴァルを主催。

 

葛城 梢(かつらぎ・ごずえ)
映像の音楽を中心に、作・編曲を行う。
また、マンドリン奏者として演奏会やCD・CM音楽等のレコーディングに参加している。
マンドリンとカンテレのデュオ”Karluv207”、
ボサノヴァデュオDoppelzimmer
から生まれたユニット“チンプンカンプンとんちんかん”のメンバーとしても活動中。

 

北原 有紀(きたはら・ゆき)
5才よりピアノを始める。
13才よりクラシックギターを中富好子、津田昭治の各氏に師事。
中学高校の6年間、マンドリンオーケストラの部活に所属しクラシックギターを担当。
洗足学園音楽大学クラシックギター科卒業。
大学において原善伸氏、鈴木大介氏のレッスンを受講。
現在、演奏活動と後進の指導にあたる。井桁ギター教室講師。北原ギター教室主宰。

 

エンジェル嶋田/嶋田 茂(しまだ・しげる)
マンドリン製作家。マンドリン系で最低音楽器・マンドローネ奏者。
1996年から2011年まで、マンドリンバンド「Electric Chair」のバンドリーダーを務める。
その楽団では、日本各地での演奏、ドイツでの招待演奏など、好評を得る。
CDを3枚発表しており、映画・舞台・ラジオなどで使用される。

 

橋本 容昌(はしもと・ようすけ)
大分県大分市出身。
米・バークリー音楽大学卒業。
在学中「Outstanding Percussionist Award」を受賞。
帰国後、フラメンコでの活動を始め、以後アントニオ・カナーレスや
マノロ・マリンら数多くの著名なアーティストと共演。
劇団四季公演のアレンジ、指導。
フラメンコギター沖仁ツアー参加など、
日本で数少ないフラメンコ・パーカッション奏者として様々な舞台で活躍中。